思春期を迎えた高校のわたくしとしてくれた保健のドクターからの助言で太りにくい慣習を習得

昔からどちらかというと痩せ型の体格を通じていた私。けど思春期を迎えた高校生時期はウェイトがUPしかなりの烈太りに変貌!ムチムチな大腿や満杯になった頬を見て嫌気がさしました。そこで、関係良が良かった保健の師範にネゴしました。すると、「肉づきが良くなることは思春期にはきっちり立ち上がるため大切なこと。おばさんホルモンの発展による一時的な事象だから20年代あたりにはまた痩せこけるよ」という教えてくれました。ただし、「体格がスリムになるクラスは人によって違うから理想の体格にそれほどなれるとは言えないけど」とも言われました。
「やむを得ず、無理な痩身は逆効果だから食事制限はせずによく噛んで食事をすることを意識して、緑の野菜とかから食するようにすれば健康にも済むし太り過ぎは防げるよ。しかもあなたは実践部に入っていてカラダも動かしているから万全!」って励まされました。
特に、師範の言う通り無理な痩身はひどい!と言うか食事制限なんて我慢出来ないっ笑と思い、食事の摂り方を意識してみました。野菜から摂るようにして口に入れたら2?30回は噛むように努めました。そうするとあごや頬における筋肉が刺激されて始めは違和感があったけど、近々消え去り心なしか面構えが引き締まった感じがしました。丸顔の私だったのに顎がシュッとしたことを父母にもいわれました。
後は普通にお菓子もしていたしそれほど我慢することはなかったです。部活も3通年続けて実践部に入って掛かることが吉となって高校生を卒業する当たりからまた体格がじわじわ戻ってきました。先20年代を過ぎても食べてもほとんど太らないマンネリになりました。といったゆーか単純に修得が良くて食べたらその分便になって出てきたのですが、馴染みから羨ましがられたり付き合っていた妻からも褒められたりされていました。
アドバイスしてくれた保健の師範には今でもサンキュー。http://kin-kaitori.top/